がんばる蝶

花もほとんどなくなり、蝶も見かけなくなりましたが、日当たりのいい南側の土手には
まだ、タンポポが咲いていて、そこで蝶が蜜を吸ってました。

彼らはまだやり残した指名を終えてないのでしょうか?
花も雪を被ったらもう餌もありません、急がないと、君らは生きていくすべを失うのだから。

d0341880_823323.jpg


d0341880_823997.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://stream0117.exblog.jp/tb/22631121
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sternenlied at 2015-12-10 02:18
生き物って本当健気ですよね。
こんな小さな蝶でも頑張って生きている!
海を渡って直線距離で1,500 km以上渡っていく
蝶もいるようですし、小さな体ですごいなと思ってしまいます。
一日あたり200km以上の速さで移動するそうですが、
海を渡っていく時休憩したくなった時はどうするんでしょうね。
Commented by nick-3 at 2015-12-10 20:44
♪sternenliedさん・・・
多分、途中で諦めるのは人間くらいじゃないでしょうか。
他の動物や昆虫など生き物は、諦めたら生きていけない、そんな気がします。

犬が年を取ると、緑内障などで目が見えなくなる場合があるようですが、それでも
文句を言わず、見えないながら一生懸命生きるって言われてます。

海を渡る蝶、日本ではアサギマダラが有名です。
夏から秋にかけてよく見られますよ。
by nick-3 | 2015-12-09 08:26 | 動物・昆虫 | Trackback | Comments(2)

山野草や風景を主に載せてます


by nick-3