猿倉から大雪渓へ

白馬大雪渓まで行ったのは2014年7月中旬以来で3年振り。
雪は、今年の方が半月遅かったにもかかわらず多かったです。

猿倉を8時頃出発して、白馬尻に着いたのは11時頃、ちょっと休憩です。
普通は1時間ほどなんですが、花を撮りながらで3倍の時間がかかりました
 
d0341880_08030285.jpg

霧?が雪渓に沿って流れています
d0341880_08065609.jpg

流れ出す雪解け水
d0341880_08075899.jpg

大雪渓に向かう途中、大雪渓に立つ人も霞んでいます
d0341880_08085340.jpg

大雪渓に到着、やはり稜線は見えません
d0341880_08093393.jpg

白馬尻小屋まで下って昼食していたらわずかな時間青空になり、稜線も見えました
d0341880_08101496.jpg

d0341880_08130662.jpg

これって白馬岳?
d0341880_08123554.jpg
d0341880_08132799.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://stream0117.exblog.jp/tb/25138841
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-08-02 06:45
わあ、懐かしい!
この場所に行ったのはもう随分前、確か長男が小5ぐらいの頃。
小3ぐらいの娘とよちよち歩きの次男の3人を連れて、
白馬の雪渓のとっかかりまで行きました。
梓川沿いにあったどんぐり村のペンションに宿泊した時のことです。

久しぶりに山の空気を味わった気分になりました。
ありがとうございました。
Commented by nick-3 at 2017-08-03 07:16
> PochiPochi-2-sさん
この登山道は、大人にとってはそんなに大変な道ではないですが、幼い子供
さんにはちょっときつい箇所もあったかもしれないですが、良く行かれましたね。

道中は、さほど爽快感を味わえる場所もないですが、白馬尻では雪渓からの
涼風が寒いほどに感じ、上着を一枚羽織るほどで暑さも吹っ飛びます。

大雪渓では雪の量に驚き、今更ながら自然の凄さを感じますね。
by nick-3 | 2017-08-01 08:19 | 夏風景 | Trackback | Comments(2)

山野草や風景を主に載せてます


by nick-3
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31