人気ブログランキング |

平家の里

蕎麦屋さんを後にして、そこからさらに奥にある、平家の里を訪ねた。
川の写真を撮った杉島から奥へ3kmほど進んだ場所、そこは、旧長谷村の浦と言う部落、また「檀ノ浦村」の別称がある。
以前は、さらに奥には「奥浦」と言う部落もあったのだが、道の険しさ、市街地からの距離などの問題で、住民が移住してしまい今は廃部落となっていて、たどり着くのも容易ではないようです。

さて名前の由来は「平家の落人伝説」からである、長野県にはそんな話が各地にあります。

部落へ入った途端、これは人が住んで居ないなぁと感じる風景。
情報だと数軒は居住してるようだが、古くからの住人は2.3軒とか。
当然、人影は見当たらないが、写真を撮りに来てる人には会った。

廃墟ばかり写すのも悲しいものがあるので雰囲気だけ撮った

平家の里_d0341880_08054825.jpg
平家の里_d0341880_08062244.jpg
平家の里_d0341880_08064239.jpg
平家の里_d0341880_08071750.jpg

ここからは仙丈ケ岳や大仙丈ケ岳?がくっきり見える
平家の里_d0341880_08060151.jpg

この家は新しいので別荘?写真には写っていないが、車も停まっていた
平家の里_d0341880_08082943.jpg

カラマツの向こうに山が
平家の里_d0341880_08094282.jpg
平家の里_d0341880_08101493.jpg

公民館
平家の里_d0341880_08102305.jpg
平家の里_d0341880_08105178.jpg
この部落付近には、小松と言う名前が多い。それは平家の落人の中にあったと思われる性らしい。
「Wikipediaからの引用」
長野県伊那市長谷浦 壇ノ浦の戦いに敗れた平維盛の子孫が住み着いたと言われている。維盛の父である平重盛が小松殿と呼ばれていたことから、小松姓を称した。壇ノ浦の「浦」が地名となった。

尚、近隣には重盛と言う性もある。
トラックバックURL : https://stream0117.exblog.jp/tb/23694579
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by PochiPochi-2-s at 2016-12-07 18:32
長野県戸隠の近く、鬼無里村もにも平家伝説がありますね。
一夜山、鬼女もみじの話。
Nickさんの住む地域にも同じような話、部落があるのですね。
なぜ、長野県なんだろうと思いますが…
Commented by nick-3 at 2016-12-08 08:10
> PochiPochi-2-sさん
伝説ですから、すべてが正しいとは思えませんが、なぜそんなに山深い場所に
住まなければいけなかったか、そんな事が落人だったり、落ち武者だったりした
可能性は否定できませんね。

今でも、市街地から遠い場所ですから、その昔はほんとに遠かったかとでしょう。
隠れるには最適ですね。
by nick-3 | 2016-12-07 08:20 | 冬風景 | Trackback | Comments(2)

山野草や風景を主に載せてます


by nick-3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31